この記事へのコメント
ふふふ(^^)
大事にされるほど、辞め難くなるんですよね。
できることは全部してから辞めたいとか思って。
でも、いつかは踏み出さないと、
ずっと夢はかなわないんですもんね。

ハルオくんは流されやすいしダメなとこもいっぱいあるけど、情に厚いとこもあるから、周りの人が助けてくれるのかもしれないとふと思いました。

今後も楽しみにしています。
Posted by standingtail at 2008年05月19日 19:40
コメントありがとうございます。
一応漫画の主人公なので少しはいい人そうに書いてありますが、ハルオが褒められるのはなんだか気恥ずかしいものがあります。

ハルオを助けてくれる人がいるのは、小さなサークルで一番力がないからというのも大きいと思います。でも妙にやる気はあるという。そういう若者に優しい人が世間にはいるような気がします。

あとデザイン会社の人たちからみると、あくまでも別会社のバイトなので、ハルオが失敗しても直接は自分たちに関係がありません。末っ子の従兄弟のような感覚です。
そういうポジショニング(偶然ですが)もハルオが甘やかされて生きられるひみつです。
Posted by トリハル at 2008年05月20日 06:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。